ライターの仕事を続けるためにすることとは

パソコンとコーヒー

ライターの仕事を続けるためにすることとは

ライターを始める人もだんだんと増えています。しかし続くかというと、実はそうでもありません。
いろいろな理由があって止めてしまう人も多く、そのためサイトや企業ではいつも募集をかけているのです。

では、このお仕事を続けるためにはどうしたらいいのか、せっかく始めたのに辞めないようにするにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。

意外と大変なお仕事

ライターのお仕事はいつでも始められますし、性別や年齢を問いません。また準備するものや費用もかからずに始められます。

しかし、いざ始めてみると意外と大変です。文章を決められた文字数だけ書くのも慣れていないと大変ですし、また調べるのも一苦労です。
時には調べてもいい参考になるものが見つからないケースもあり、困ってしまうこともあります。
さらに納期があるので、それに間に合わさないといけないといったプレッシャーもかかります。

それなのに報酬は、大変なわりには少なく巣感じます。0.3くらいの単価となるので、1記事当たり200~400円となるので稼ぐとなると結構文字数を書くか、記事数を増やすしかありません。

結局大変なのに、割には合わないと感じるようになると辞めていきがちになります。
然し、その分チャンスが多い仕事であることも確かです。

このお仕事を続けるためには

このお仕事を続けるためにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは、少ない本数から始めましょう。始めた当初は稼ぎたいからといっぱい本数を受けようとしがちです。しかし、ペースもわからないのにいっぱい受けてしまうと、無理をしなければならなくなったり、また書けなくて困りがちです。
始めのころは、1週間に10本以内に抑えましょう。例えば800文字ならばどんな内容でも30分くらいでかけると、ペースがわかり始めたら段々と増やしましょう。その方が本数が増えてもペース配分をしやすくなります。

そして、得意な内容や調べやすい内容の案件を受けましょう。たとえば、PCが詳しくないのであれば、DVD書き込みや中古パソコン販売の案件はさけるなど、苦手やジャンルは意識して、さけるようにします。
普段からサイトや企業に得意なジャンルを知らせておくと、それを踏まえて依頼してきます。
そうすれば、無理せずに書けるので続けやすくなるのです。

生活スタイルに取り入れる

たとえば、週末は必ず書く、また平日の何時から何時は書くなど、決まった時間やペースで書くようにします。
そうして、生活スタイルにライターを取り入れられれば、自然に書く姿勢もできてきて、続けやすくなります。

ここに挙げたことを意識すれば、きっとあなたも続けられるようになるかもしれません。

≪ 前の記事: を読む
ページ上に戻る

Copyright © 2017 応募は全国どこからでも。ライターのお仕事は誰でもできるチャンスがある! All Rights Reserved.