ライターの仕事の進め方を知っておこう

パソコンとコーヒー

ライターの仕事の進め方を知っておこう

あなたは、文章を書くのは時間がかかりますか。メールやラインでも考えて書くときには時間もかかるものです。

ライターは手軽に始められる、空いた時間にできるとも言われますが、時間や手間がかからないのか気になりませんか。ここではライターの仕事の進め方をみていきましょう。

案件の紹介、応募から始まる

文章を書くといっても、案件がなければ書けません。自分の好き勝手にかいてもお金はもらえません。案件を紹介してくれるサイトや企業から、案件を紹介されるか、またクラウドサービスだと案件をしたいと応募して了解を得られることで、ある意味、契約された状態となり、仕事が始まります。

案件も紹介を依頼することで、定期的にお仕事がもらえるようにもなります。しかしサイトや企業も、時期によっては案件が少なく紹介できないということも出てきます。不安定な要素も含んでいることは頭にいれておきましょう。

案件を確認したら執筆


次は案件の内容確認です。各内容のテーマ、文章の本数や文字数、さらに納期、注意事項を確認してください。

テーマについては、不動産売却など固い内容のものから、風俗の仕事の内容、出会い系サイトのやり方、商品の口コミまでとさまざまです。
その中で得意なジャンルがあれば、それを知らせていた方が、仕事も進めやすくなります。
苦手なジャンルを紹介されても、執筆も進まず苦しく感じます。

文章の本数は、例えば1000文字以上で1本と言うように文字数が決まっています。それを何本書くかとなります。あるところだと1万文字以上で、章立てを考えて書いてくださいと言うケースもあります。
また、構成では冒頭文や段落などの指定があったり、注意事項としてキーワードや禁止ワードがあるなど案件ごとで違います。

最後にいつまでに納品するかも確認しましょう。
この納期を守ることが大切です。信用にも繋がり、この先案件を紹介してもらえるかを大きく左右します。
この仕事を続けるためには、納期を守ることに全力を注ぎましょう。

確認が終えればあとは、個人でペース配分を考えながら、納期に向かって書いていくだけです。書くときにも、著作権に気を付けながら、調べながら書いていきましょう。
1度書いたジャンルは早くなりますが初めてや苦手なジャンルだと時間もかかりやくいです。

納品後は待つばかり

納品も通常はメールで行います。
納品後は、チェックを待ち、必要に応じて修正をします。チェックOKとなれば、あとは翌月に報酬が振り込まれるのを待つだけです。

そして、次の案件を待つこととなります。この流れがお仕事の進め方となるのです。

≪ 前の記事: を読む
ページ上に戻る

Copyright © 2017 応募は全国どこからでも。ライターのお仕事は誰でもできるチャンスがある! All Rights Reserved.