ライターをやるには、案件紹介してくれるサイトを見つけること

パソコンとコーヒー

ライターをやるには、案件紹介してくれるサイトを見つけること

ライターも副業としてできると、世間に認知されてきてから、かなりの数人も増えました。やってみてどうだったという体験や紹介記事、また文章の書き方などの情報も一気に増えました。

あなたもこれから副業を考えているのであれば、ぜひ検討してみてはどうでしょうか。

手軽に始められる一方で

このお仕事は特に場所も問わず、また道具もパソコンやスマホやタブレットがあれば、十分です。あとは案件を紹介してくれるメアドと報酬を受けとるための銀行口座が必要です。
必要な道具やその他も、すでにもう持っている人がほとんどでしょう。あたらためて、準備のために費用をかけなくても始められるのが魅力的です。

その一方で、始めるといっても案件、つまり仕事を紹介してくれるサイトや企業を見つけないといけません。

案件を紹介してくれるサイトに登録して、案件が紹介されてこそ、本当に仕事が始められるのです。
そのサイトや企業はどうやってみつけたらいいのでしょうか。

案件を紹介してくれるサイトや企業の見つけ方

あなたは求人誌を見ていますか。仕事をすでにやっていると言う人はまず見ないでしょう。
しかし、求人誌にもライターの募集が掲載されることもあります。
その場合、条件欄も求人誌らしく細かく掲載されているので、わかりやすいです。
仕事の内容や待遇や連絡先なとが掲載されています。
そこに申し込みをすると、企業によりますが面接があることもあります。
面接がある場合には動機はもちろん、書ける文章のジャンルや得意なジャンルを問われたりもします。

あと、面接の有無に変わらずテストライティングとして、一回は文章を書かされます。
あとは結果を待ち、採用されれば案件が紹介されるようになります。

ネットで探すときには

クラウドのデフォルメ図
あと探すときには、やはりネットです。ライターの募集で探すと、多くの案件紹介をしてくれる企業やサイトが見つけるでしょう。

どのサイトでも仕事内容の紹介から、案件紹介から執筆、納品、報酬受け取りまでの流れを説明しています。
サイトによっては案件の内容も、会員にならなくてもすぐに見れるところもあり、記事の内容から単価や納品本数も確認できたりもします。

また最近では案件紹介のサイトを探すのとは別に、クラウドサービスにて案件単位で応募すると言う方法もあります。この場合にはクラウドサービスのサイトに登録し、案件を探していき、良さそうなものを自分で選ぶと言う形となります。

常にアンテナを

サイトはもちろん求人誌などどちらしたしても、アンテナをはっておくことが、あなたにあったサイトや企業をみつける第一歩となることを意識しておきましょう。

≪ 前の記事: を読む
ページ上に戻る

Copyright © 2017 応募は全国どこからでも。ライターのお仕事は誰でもできるチャンスがある! All Rights Reserved.